物忘れが激しい人におすすめのサプリ@口コミ人気ランキング

物忘れ サプリ

認知症になる人は、その前段階とみられる「軽度認知障害(MCI)」があるといいます。このMCIの段階で何らかの対策をすれば、それ以上の認知機能の低下が抑えられたり改善がみられると分かっています。何もしないで放っておけば、5年以内にその約50%の人が認知症に進んでしまうと言われます。

 

物忘れが激しい自覚がある人は、いまが対策開始のチャンス!自分でできる物忘れ対策として、脳の記憶系統によい栄養素を摂る方法があります。DHAやEPA、アセチルコリンやその材料となるホスファチジルコリン・レシチン、プラズマローゲンが代表的。これらを普段から意識し不足分はサプリにて補うことで、記憶系統の改善につなげます。当サイトでは、おすすめサプリを口コミ人気でランキングしました!

 

きなりの特徴

DHA&EPAをしっかり補えるサプリと評判です。世界的に注目のDHA&EPAが、1日めやす4粒で500r摂れます。これは厚生労働省が一日の推奨量としている半分に相当。魚が苦手、食べる機会が少ないといった人にもおすすめ。「うっかりがマシになった」「不安が消えました」「飲みやすい」「コールセンターがあって安心」確かな実感からリピート率は92%。全額返金保証付きなので、気軽に始められます。今なら初回67%OFFの特別キャンペーンあり。

価格 1,980円
評価 評価5
備考 DHA&EPA

 

プラズマローゲンの特徴

ホタテ貝由来のプラズマローゲンが摂れるサプリです。年齢と共に現象するプラズマローゲンは、認知の低下をやわらげると注目の成分。国内のGMP認定工場で、国産ホタテ貝から抽出したものを使用しています。「うっかりが気にならなくなりました」「手帳を見なくても大丈夫」「プラズマローゲン研究会承認だから安心」研究で改善傾向が出ている1日1rのプラズマローゲンが摂れます。ラクラク毎月便なら10%OFF。

価格 1,980円
評価 評価4
備考 プラズマローゲン

 

キユーピー 卵黄コリンの特徴

ホスファチジルコリンを豊富に含む卵黄レシチンのサプリです。卵を扱う食品会社の研究から生まれました。健康維持にかかせない、亜鉛・ビタミンB群・ビタミンEをプラスしたサプリです。「目覚めがよい」「ハツラツと動ける」「食品会社なので安心して飲めます」独自処理の卵黄油を使っているので、コレステロールが気になる方にもおすすめ。定期購入なら、初回お届けは半額。

価格 4,590円
評価 評価3
備考 卵黄レシチン

 

物忘れとは?どれくらいの症状だと物忘れになるの?

 

物忘れというのは、全てが老化が原因というわけではありません。例えば食生活が偏っていることや、睡眠不足が原因ということも挙げられます。ですので物忘れが酷い場合でも、それが全て老化ということでもありませんし、物忘れが酷いからといって認知症になりやすいということではありません。

 

ですが、物忘れというのはどうしても生活に支障が出てしまいますので、自分がどのくらいの物忘れの度合いなのかを把握しておくことが必要になります。

 

チェックする方法もありますので、自分がどのくらい当てはまるのかを把握して自分の物忘れの度合いをしっかりと理解しておくことが大切です。では、チェック項目について確認してみてください。

 

物忘れ度のチェック項目ですが、さっきも同じ話をしたよということをよく言われる、人の名前や物の名前がよく思い出せない、片付けた場所を思い出せない、漢字がかけないようになってきた、さっきまでやろうとしてたことを忘れてしまった、家電などを含めて説明書を読むということが面倒、おしゃれなどをすることがなくなった、外出することが面倒になってきた、簡単な計算をミスしてしまう。

 

これらのことに多く当てはまるほど物忘れの度合いが高いということが考えられます。もし物忘れが酷いという場合には何が原因なのか、また物忘れの知識をしっかりと把握しておくということが非常に大事になります。あまりにも酷いという場合には、一度医師に相談してみることも考えてみてはいかがでしょうか。

 

物忘れの原因を考える

 

食生活の偏り

 

物忘れは脳の老化だけが原因ではなく、食生活が偏ることでも物忘れを引き起こしてしまいます。また、しっかりと栄養素を考えて摂取することによって物忘れ対策にもなりますので、どういったものを食べればいいのかをしっかりと覚えておきましょう。

 

最近では認知症の平均寿命が高くなった上に高齢者も増えてきたことで認知症になりやすい世代が非常に増加してきました。この原因の一つとして食の欧米化が進んだことを指摘する方も多くいます。

 

日本でも脂質や飽和脂肪酸、そしてコレステロールを豊富に摂取してしまう料理などが増えてきており、過剰に摂取しすぎることによって認知症のリスクが高まるといわれております。外食をよくしたり、肉中心の食生活になっているという方は気をつけておかなければいけません。

 

日本人というのは和食というものがあるように、昔は魚中心の食生活だったので、これによって脳の栄養になるDHAやEPAを適度に摂取することが出来たので脳の劣化を予防できていましたので、脳のことを考えるのであれば魚を中心とした食生活をすることをオススメします。

 

少し説明しましがた、物忘れ対策をする上でどういった栄養素を取るのがいいのかというと、まずは魚に含有されているDHAやEPA、さらに記憶力のことを考えるのであれば、アセチルコリンという栄養素を摂取することをオススメします。

 

このアセチルコリンというのあh卵黄やレバー、豚肉、マトン、ナッツなどに含有されています。食の欧米化が進行している昨今の食生活だとこういったバランスのいい栄養素を摂取することは難しいので、今一度、食生活を見直すということをオススメします。

 

睡眠不足

 

知らない方も多いと思いますが、睡眠不足が続いてしまうことが物忘れの原因になってしまっていることがあります。脳と睡眠にはどういった関係性があり、どう物忘れに繋がっているのかを把握して対策をしておくことが大切になります。

 

よく不眠の人は、よく寝る人と比較すると物忘れをする人が多いなんていわれていますが、これは人間が睡眠中に一日で使って脳や肉体の疲労を回復させる働きがあるからです。単純に脳が疲れているかいないかということで物忘れに繋がるということになります。

 

ただ、ただ寝ているだけではなく、しっかりと質の高い睡眠をしないと脳の疲れを回復させることが出来ませんし、特に海馬という脳の器官に影響してしまうと寝ていても物忘れが酷くなってしまうことがあります。

 

では海馬とはなにかというと、これは記憶をつかさどる脳の器官であり。さまざまな情報はこの海馬によって保管されます。この海馬が衰えてしまうと短期記憶に障害が出てしまい新しいことを覚えられないうことが起こってしまいます。

 

海馬というのはストレスや強い衝撃によって海馬の神経細胞は死滅するといわれるくらいデリケートな部分であり、睡眠不足によって細胞が修復できないと海馬はダメージを受けてしまって物忘れに繋がってしまいます。

 

これによってある程度わかったと思いますが、海馬の状態を保つ為にも睡眠というのは非常に必要なものであり、そもそも睡眠というのは脳だけではなく心や身体にも影響してきますので、しっかり睡眠時間を確保して質の高い睡眠を心がけることが大切になります。

 

ストレス

 

物忘れの原因というのは複数ありますが、精神的なストレスが蓄積されることによって物忘れがしやすくなると言われています。どうしてそうなるのかについて説明します。

 

ストレスが溜まっているときに物忘れしがちになるという経験があるという方が居ると思います。実はストレスが蓄積されている状態というのは集中力が低下している状態であり、それによって注意力散漫になってしまい記憶力が落ちるというより、記憶しようという状態ではなくなり、結果的に物忘れの状態が引き起こされてしまいます。

 

ただ、普通にストレスが溜まっているよりさらに強いストレスを感じた状態が継続してしまうことで記憶がきちんと作られなくなってしまいます。記憶というのは脳の器官である海馬と関わっておりますが、ストレスによって海馬に情報が保管できずに記憶を作ることができなくなってしまいます。

 

では、このストレスが原因による物忘れの対策をするにはどうすればいいのかというと、まずストレスに強くなるということが重要になります。ストレスを感じやすいという方がいらっしゃいますが、とにかく意識して精神面を強化するということが大切になります。それだけでも全然違うでしょう。
また、朝起きて太陽の光を浴びたり、ウォーキングをしたりしてセロトニンを分泌させやすい状態にするということも大切になります。

 

さらに脳の栄養とも言われているDHAやEPAを摂取するというのも一つの方法になっています。これらをしっかりと摂取することによって脳を活性化することができます。青魚に含まれている成分ですが、サプリメントでも摂取することができます。

 

物忘れ、認知症セルフチェック

 

物忘れが酷かったりすることで、もしかしたら自分が認知症ではないのかと不安になっている方もいるかもしれませんが、そういう不安を抱えているのでしたらセルフチェックをしてみてはいかがでしょうか。最近では若年性認知症というものもあり、若いからといって安心は出来ませんので、しっかりチェックして疑いがある場合はすぐに医師に相談することをオススメします。

 

セルフチェック項目として認知症のチェック項目と、若年性認知症のチェック項目に分かれていますので年齢に応じてチェックしてみてください。また、チェックする上で5個以上のチェックがついた場合はもしかしたら可能性がありますので、安心をするためにも、また認知症であっても進行を早めに食い止めるためにも掛かりつけの病院に行くようにしてください。

 

では、まず認知症のチェック項目は今日の日付がわからない、いつも通る道に迷うことがある、ハサミなどの使い方がわからなくなる、簡単な計算を間違えてしまう、外出するのが面倒、いつも作ってた料理が作れない、鍋を焦がしたり火を止めるのを忘れる、知ってる名前や言葉が出てこなくなる、情緒不安定、同じものを買ってしまう、同じ話を何度もする、お風呂に入るのが嫌になる、おき忘れが増えた、待ち合わせの場所や時間がわからなくなる、趣味などに関心がなくなった。

 

次に若年性認知症のチェック項目は聞いたことを何度も聞いてしまう、伝言が上手く伝わらない、電車などで降りる駅がわからなくなる、会社への行く道を忘れる、通帳や印鑑などをよく失くす、着替えたがらない、買い物に行って何を買うか忘れる、家電製品の使い方がわからない、テレビなどへの関心がなくなる、インターネットや携帯の使い方がわからなくなる、風呂に入りたくなくなる、趣味が面倒になる、火の消し忘れや水の出しっぱなしをしてしまう、出かけたくなくなる、頭痛や眩暈がする。これがチェック項目になりますのでチェックしてみてください。

 

物忘れ防止におすすめのサプリ成分

 

生活習慣の中でも食生活が乱れているという方に関しては脳の老化を促進してしまっていると言われていますので、脳の老化を早めない為にもしっかりと脳にいい成分を食事の中で摂取することが非常にオススメになります。

 

では、脳にいい成分というのはどういったものがあるのかですが、まずはよく聞くDHAやEPAになります。DHAというのは記憶や学習に関わる脳の海馬に豊富に含有されている脂肪酸であり、EPAは血流をスムーズにする栄養素となっています。脳に栄養素をしっかりと届け、さらに記憶や学習向上が期待できます。

 

次に脳の老化に非常に関わっている酸化を抑制することが出来る成分であるアスタキサンチン、活性酸素を除去することで神経細胞などの損傷を予防して、炎症反応の抑制、血小板の凝集を予防することが出来る成分のイチョウ葉エキス、シグナル伝達作用の活発化を促進する成分のレスベラトロールなどを積極的に摂取することで脳の老化を抑えることが出来ます。

 

色々な栄養素があり、食生活を改善することで積極的に摂取すれば脳に非常に作用します。ですが、この栄養素ばかりを摂取すると偏ってしまいますし、さらに栄養素のことを考えて献立などを決めるとなるとかなり大変になってくると思います。

 

ですので、栄養素については多少意識しながら、不足分はサプリメントなどで補うということをオススメします。
そうすることによって物忘れが改善する可能性もありますし、もちろん認知症予防にも繋がると思いますので、早い内から摂取するようにしましょう。

更新履歴