物忘れに良いレシチン

物忘れに良いレシチン

レシチンを摂取することによって物忘れが抑制されると言われていますが、どうしてそのような効果があるのでしょうか。このレシチンというのはまず脳の栄養素とも言われている成分であり、DHAやEPAと同じ働きをするとされており、摂取することで記憶力が高まるのではということで研究が進んでおります。少し難しいかもしれませんが、レシチンはアセチルコリンという記憶の伝達物質の材料であり、しっかりと摂取することによってドーパミンだったりアセチルコリンという脳内伝達物質を受け取ることが出来
ます。

 

マウスを使った実験では、レシチンを摂取したマウスは高齢でも記憶力の低下が少なく、さらにアルツハイマー病を患った患者さんへの治験では、軽度〜中度の認知症であるなら物忘れを改善することが期待出来るとされています。

 

またレシチンの成分というのはグリセリンとリノール酸となっていますので、脳機能改善はもちろんの肝機能障害を改善する効果やコレステロール値を下げるという効果もあります。大豆に含有されていますので、積極的に大豆食品を摂取するようにしましょう。もちろんレシチンを摂取するためのサプリメントもあり、色々な種類がある中でオススメのサプリメントは、豊年大豆レシチンという商品になります。

 

大豆から摂取出来るので比較的、食品から取り込みやすいですが、大豆に含まれるレシチンの含有量は0.5%となっていますので、目安量を摂取するというのであればサプリメントから摂取することをオススメします。もちろん食生活はバランスの摂れた食事をすることが前提であり、さらにサプリメントを摂取するにしても継続しなければ意味がありませんので、少なくとも半年程度は摂取し続けるようにしましょう。